読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blue and blue

目指せmy styleの確立!!

「今」は見ることが出来ない展覧会。

今日はワタリウム美術館へ行ってきました。

Don't Follow the Windowというイベントを観てきました。

ちなみに、観にいった理由はピンと来たからです。イベントの内容も知らずに行きました。

このイベント、本日最終日でした。
もっと前に行って、広めたかった。そう思いました。


そうこの本当のイベントは福島の帰還困難区域内で行われています。
つまり、見ることができません。
封鎖が解除されて初めて展示を見ることができるというものです。

立ち入りの許可を貰い、非常に苦労して展示したようです。
このイベントでは帰還困難区域のライブ映像やエリア立ち入り許可証などが見れます。
中でも非常に良かったのが、東京、ミラノ、ベルリンのSkype映像。参加アーティストの対談とでも言うのでしょうか。
何度も泣きそうになるのを堪えました。
アーティストの人が言葉を選びながらも熱い想いを伝えていたこと、福島の現状。

世の中には思い出したくない人も、わざわざ放射能の高い所に行くアーティストを嫌がる人もいると思います。色々な意見や考えがあって当たり前です。やはりそれくらい大きな出来事だったから。

でも私は4年経ち、メディアで放送されることが減ってきた今だからこそまた思い出してほしいと思いました。
 
上手く伝えられなかったけど、良いイベントに行けました。