読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blue and blue

目指せmy styleの確立!!

アートや建築がわからなくても学べることはある。

私は美術館に行くのが好きです。
アートなんて微塵もわかりませんが、あの不思議な異次元にいるような空間が好き。

少し前に六本木でやっていた、フランクゲーリー展に行ってきました。

正直全く誰かも知らなかったですが、なんとなーくで見に行きました。(ちなみにその日はニキドサンファル展にも行きました)

非常に有名な建築家なようで。
とても変わった建物を作られてるみたいで賛否両論なそう。ダンシングハウスなる建物や美術館、水族館なども設定されてますがどれも非常に奇抜です。
彼があの建物を作るまでにどんな過程があるのか試行錯誤した模型が沢山展示してありました。
へーって感じでみてましたが、
その中で彼の考えなどが色々記載されてました。
私の印象に残ったのは、
材料加工せずに素材を活かせばコストが抑えられると。何も全て真っ直ぐに揃える必要はないと。
これって建築以外にも言えることなのではと思います。
何かと隠したりごまかしたりしますが、
住んでる家でも自分自身でも、
こうじゃなきゃいけないってことはないんだから素材を活かした方がコストも下がるし、人とは違う魅力が出せるかも。

ただ、そこが難しいんですよね。
どうやって活かすんだと。
きっと、彼のように試行錯誤しながら、
自分やそれに似合うモノを見つけるのだろうなぁと。 これは私の課題だなぁ。   

あとは決して贅沢ではなく注意深いディテールを大切にしていたというところも印象的。
オシャレもそうだよなーって。
贅沢ならいいわけじゃないのよね。
細かいとこにも注意する。なんなら見えないとことかね。

他には彼の仕事場。
片付けないとと言っていたが確かにモノは多かったがなぜかまとまっている。
やはり本当に無駄なものはなく、作られた場所ではないからではないだろうか。

建築もアートもわからなくたって楽しめる色々気付けました。

さて、これからの課題。

素材を活かす。
細かいところにこそ注意を払う。


今度は何のアートを見に行こうかなー♪